節分だ!鬼は〜どこ!?

 
ここにいるぞ〜〜〜!!


ガオ〜〜!

子供の頃。三姉妹かなりの本気で、鬼役のおじいちゃんをこらしめるのがとても楽しかったことを憶えています。マメを撒きすぎて掃除が大変だったこともよく憶えています。


今は、鬼は自分の心の中に潜んでいます。

それでいいと思います。




短刀を持った藤子が走り出る。
藤子の茨木に手出しするものはゆるさぬ!
茨木。この身を恥じて隠していたけれど、私は茨木の藤子!半分鬼だって?その心の中に鬼が棲んでいるって?私たち人間は皆そうよ、みんな、そうじゃないの!私だってそうだわ。美しい幸せな娘を見ると、私のように傷ついて不幸になればいいとねたみ心で真っ黒になったもの。人間の世界だってひどいものよ、だましたり、裏切ったり、傷つけたり・・・どう?あなたも同じでしょう?いいえ、あなたの方が人間と鬼の間にいる自分を見つめて苦しんでいるんだもの、ずっとずっと人間なのよ。あなたこそ人間らしい人間なのよ。そのまま人間らしく生きて!私の茨木!」
ーー2009年夏。博多座トップお披露目公演『大江山花伝』より



ふと、思い出しました。




すみ花