梅田。うめだ。梅田。

 寒さきびしい日々が続きますがお変わりありませんか?
私はまたもや風邪を引き、しばらく虚ろな日々を過ごしてしまいました。
ちょっとでも気を緩めるとすぐにヘロヘロになってしまいます。
いかんいかん。気合いだーー!

それはそうと、
お正月から沢山のお年賀状やお手紙をいただきました。
ありがとうございました。
とても嬉しかったです。大きな励みになりました。


ところで。
新年そうそう、お仕事の関連で
梅田芸術劇場を訪れました。
しばらく時間があいたので
お客様が客席で公演をご覧になっている間、
これは良いチャンスだ!!と、マネージャーさんとふたり、
抜き足差し足ヒソヒソ声で、楽しく探検をしました。
大阪まで足を運ぶのがなかなか難しいみなさまに
ぜひ紹介したく・・・
さぁ、久しぶりの
『フシギハッケンin梅田芸術劇場』の
はじまりで〜す。
(『フシギハッケンin宝塚』バージョンはこちらをご覧ください。)

大阪の阪急梅田駅から歩いて5分ほどのところにある、大きな劇場。
こちらはメインホールの入り口。
傍には阪急インターナショナルホテルやスターバックスカフェ、ロフトやゲームセンターなど、かなり充実していて、いつもにぎやかです。
しかし中に入ると、もうここは夢の世界。
赤い絨毯が敷きつめられた広々としたロビーは、日常を忘れ、なんだか贅沢な気分を味わえそうです。




そして地下には、
シアター・ドラマシティという
密度の濃い、私のお気に入りの劇場もあります。
(今年7月はこの劇場で『ライムライト』上演です。)
グッズショップの品揃えも豊富!
お店のお姉さまがたにも写真に入っていただきました(無理矢理)。


ところかわって
今度はメインホールの楽屋をウロウロしていたら

スゴいタイミングで、スゴい人とばったり!!



終演直後のモーツアルトさま!

・・・あらため、井上芳雄さまでございます。

久しぶりにこのようなかたちで再会できて、
歓びもひとしおでした。



さて。
梅田芸術劇場は今年で10周年となります。

私は梅田芸術劇場所属アーティストとしては今年で3年目となりますが、実は初舞台を踏んでから今年で10年となります。おなじなんです。

節目の年、失敗を恐れず大きくジャンプして行きたいです。


それでは、今日はこのあたりで。
梅田芸術劇場は年がら年中さまざまな作品を上演しておりますので、よろしければぜひいらしてくださいね。
いつか梅田の街も紹介したいなあ。とてもおもしろくて活気のある街。思い出がたくさん詰まった大好きな街ですから。




あ、ちなみに梅田芸術劇場に所属している野々ですが、東京にも事務所がありまして。
お手紙などいただける際はこちらにお願いいたします。

〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-5-2
東宝ツインタワービル4階
梅田芸術劇場

野々 すみ花  宛

いつでもお気軽にお便りくださいね!
ご意見ご感想、質問、苦情、なんでも受付中です。
そして、冬を乗り切るコツ、教えてもらえたら嬉しいです。


sumika